ダンボール工作日記

ダンボール。それは人類が誇る無限のフロンティア。これは息子と作る工作の記録。

工作の始まり

2歳になってテレビを解禁した。

最初に見たのは、初代ウルトラマン。2才が分かる内容でも無いと思うし

昔のウルトラマンはなんか恐い。

しかし、彼ははまってしまい、ピコンピコンが欲しいと熱望。

卵のプラスチックケースに赤い折紙を詰め込んで作っただけのカラータイマーだった。

 

徐々に、周りに銀紙を貼って質感を求めていくようになる。

画像は2代目。遊んでは壊すので5代目ぐらいまでは作り続けた。

f:id:otonchan:20180418095151j:plain